ちんぐるま

山と木と空が大好きな「稜線漫歩」管理人puffpuffのブログです。
白樺湖
0
    JUGEMテーマ:お出かけ

    今日は天気予報に反して春らしい一日になりました。開花しかけた桜も今日の暖かさでだいぶ咲いたみたいですね。

    先週末の連休に白樺湖へ行ってきました。数日前に降り積もった雪が融けたのを確認しましたので行ってみると、案の定白樺湖の回りの雪は融けて陽射しは暖かく春が近くまでやってきているのを感じました。

    今回は初めて息子とお嫁さん、私の妹とそのワンコが来てくれましたので、皆でワイワイ賑やかな休日となりました。皆で長門牧場へも行きました。やっぱり焼きたてピザは最高でしたし、ソフトクリームは濃厚でおいしかったです!

    霧ヶ峰のビーナスラインにはまったく雪もなく快適なドライブをすることができました。八島ヶ原湿原とその先へはまだ通行止めのようです。

    山の春は遅いですから木々の芽吹きはまだまだ先のよう、それに明け方は気温がマイナスになる白樺湖周辺のようです。スマホで蓼科山の写真を撮りましたので見てくださいね。


    白樺湖  車中ワンコたち

    次回は新緑の白樺湖の写真が撮れたらいいなと思います。







     
    | puffpuff | - | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    春はすぐそこまで
    0
      JUGEMテーマ:お出かけ

      また山から遠ざかってしまいました、と言っても2月に丹沢の大山に登りました。雪があると思って行ったのですが、雪は山頂付近に少し残っているのみ、結局軽アイゼンなしで日溜まり登山でした。今回はヤビツ峠からではなく、小田急線伊勢原駅からバスで行ったので、新しくなった日本製のケーブルカーに乗ることもできました。でもやっぱりあの急斜面は見ているだけで恐いものでした。

      暖冬のためか、ライブカメラで見る映像から雪が消えたので、先週末山の家にワンコを連れて行ってきました。雪が積もった時の重みからか木々の枝が折れ落ちていたので今度行ったら少し片付けが必要です。短く切ってストーブ用に取っておこうと思います。が、力仕事は全部ダンナさんまかせ、やっぱり自然の中では男性にはかないませんね。帰りには以前から行ってみたかった長門牧場を訪れてみました。高台にある牧場は広くて気持ちの良いところでした。ちょうどお昼時だったので自家製のピザとチーズをいただきました。とてもおいしかったですよ! あ、ソフトクリームも濃厚でおいしいです。でも私はIdebokuのソフトクリームの方が好きかな。

      山の春はまだまだ先、でも何となく枝の先が赤くなっているのは小さな葉っぱの蕾をつけているからでしょう。山が新緑に覆われる春を今か今かと楽しみにしています。4月で仕事から解放されます。毎日ではないけれど長年仕事をして来て、報酬をもらう以上常に責任がありますよね。当たりまえのことですが、そのことから解放されることもメチャ楽しみなんです。友人はまだ辞めないで、とか仕事をしていたほうがボケないよ、とか言いますが、私は今が引き時と考えています。他にずっと若くて能力のある方がいらっしゃるのですから、年寄りは時期が来たら引退すべきですし、限られた残りの人生の時間を自分のために過ごしたい、なんて思っています。

      先日妹の旦那さんが亡くなりました。身内での葬儀や相続の手続きの手伝いなどで、このところちょっとバタバタしていました。妹夫婦には子供がいなかったので、私たちが唯一の身内です。何十年連れ添った伴侶に先立たれた悲しみはなかなか癒えることはないでしょう。明日何が起きるのか分からないのが人生ですね。今日は3月11日東日本を大地震と大津波が襲った日、5年経っても心の傷は癒えることなく、それでも明日への小さな夢を抱いて頑張ってらっしゃる被災者の方々の様子をテレビで見ると痛々しさを感じるのです。

      5年前のあの日の翌日、地震の後原発で水素爆発が起こりその後の汚染は関東一円まで広がりました。インターネットの記事で真実が明らかにされています。でも当時マスコミがそのことを報道した記憶がないのです...言論の自由と言うけれど、緊急事態が起きたときこそ私たちは真実を知る権利があると思うのに。確か日本国憲法で、国民は健康な生活を送る権利が保障されていたと思うけど...そして汚染は陸地だけでなく、海中へも今も続いているのですね、きっと。皆さんはどうやってご自分の健康を守りますか?...

      それでも3月は春の陽射しを感じて心ウキウキするものですね。








       
      | puffpuff | - | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      仏岩
      0
        JUGEMテーマ:登山

        先日霧ヶ峰へ行った際、近くに仏岩という山があってほんの30分で登れるというので、普段の格好のまま立ち寄ってみました。
        ちょっと侮っていました。やはり登山靴でないと岩場や梯子は恐いものなんですね。次回からは気をつけないといけませんね。

        仏岩は登山口から標高差150mくらいでしょうか、スタスタ歩けば20分で山頂に到着できそうです。久しぶりなのと旦那さんの喘息を警戒しながら、私たちはゆっくりゆっくりと登りました。途中の東屋でも休憩を取り、山頂への梯子も慎重に上りました。ちょっと風が強く久しぶりの梯子は風で飛ばされそうになりながら、なんとか頂きに立ちました。写真見てくださいね。


          東屋  山頂 


        登山口   展望   山頂   


        梯子   岩場   梯子  


        仏岩は溶岩が浸食されてできた山だそうです。妙義のようにザラザラした岩は崩れそうで恐い。山頂には宝篋印塔(ほうきょういんとう)が置かれています。(上の右の写真)梯子はどれも大丈夫なんだろうけれど、グラグラとして恐かったです!下の右は頂から下ろうとする私ですが、風が強いので頭を抑えています。



        ブログ「ちんぐるま」は「稜線漫歩」管理人puffpuffが書いています。是非ホームへもお立ち寄りくださいませ。



         
        | puffpuff | - | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        霧ヶ峰で星撮影
        0
          JUGEMテーマ:お出かけ

          ライブカメラでいろいろと見ていたら今年はあまり雪がないみたいなので、先週末急遽ワンコを連れて山の家へ行きました。今回は行ってみたかった霧ヶ峰に行ってみました。例年だと雪道だそうですが今年は殆ど雪がなく、車山にあるスキー場は人口雪を作って営業しているみたいでした。霧ヶ峰からの冬の山々の景色は本当に素敵でした。夜になって今度は星撮影のため行きました。マイナス7度の山の上は本当に寒いけれど、それなりに覚悟と装備をして行ったのでさほど寒さを感じずにすみました。やはり冬の赤岳とは違います。こんな真冬にまさか私たち以外には誰もいないだろうと思いながら、展望の良い駐車場(少し先のビーナスラインは通行止め)に着くと、物好き(失礼)は私たちだけではなく、もうすでに数人がカメラをセットして撮影していたのです。自称カメラマンと言われる人たちの努力には頭が下がりますね。旦那さんは星を撮影するのは今回が初めてでしたので、上手く写っていればラッキーぐらいに私は思っていたのですが、意外と綺麗に撮れたのでこちらでご紹介します。小さい画像だと小さな星達が見えなくなってしまうので、大きい画像にリンクしましたのでクリックしてご覧くださいね。

          stars  stars  stars from my place

          三枚目の画像は山の家のデッキから撮ったものです。スキー場や街の光が届かない分星達が綺麗でした。
          今度は夏の天の川も見てみたくなりました。








           
          | puffpuff | - | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          今年もどうぞよろしくお願いします
          0
            JUGEMテーマ:お出かけ

            新年も一週間が経ってしまいました。稜線漫歩やこのブログへご訪問くださる皆さんには本当に感謝しています。どうぞ今年も宜しくお願いいたします。最近では山行のページもなかなか更新できないでいますが、雪山へ行ったら更新しますので、もう少しお待ちくださいませ。

            山の家も生活に必要な物を揃えたり、カーテンをつけたり、だんだん自分の家のように感じられるようになりました。このごろでは住んでいないのに山の家付近のお天気を気にしたりしています。今日も一日雪が降っていたようなので、ずいぶんと積もったことでしょう。春まで通行止めの道が多く、行きたかった美ヶ原へも足がありません。ワンコがいるので以前のように宿に泊まり、おじさんに迎えに来てもらうことができないため、どうしたものかと思案中です。

            去年の12月初め、雪が降る前に片付けをしようと思って行った時は寒い寒い日でしたが、窓からふと見た夜空に輝くものがあるので外に出てみると、木々の枝の向こうにダイヤモンドを散りばめたような星空があり、嬉しくて寒さも忘れて見入ってしまいました。もっと空が大きいところへ行けば満天の星空が見られることでしょう。

            4月頃までは仕事があるので忙しいのですが、その後は毎日が日曜日、行ってみたかった所に行ったり、やってみたかったことをしたり、毎日のんびり楽しめたらいいな、なんて思いながら、ボケたらどうしよう、と心配もしたり..でもやっぱりとても楽しみです!

                              南アルプス

            写真は諏訪ICへ向かう途中から南アルプス、右が仙丈ヶ岳、左が甲斐駒、雪化粧した山々の美しいこと。




             
            | puffpuff | - | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            一夜城Yoroizuka Farm
            0
              JUGEMテーマ:お出かけ

              やっと晴れの週末だというのでどこかお出かけしようと前夜にいろいろと小田原方面を物色していたら、石垣山というのがあって、なんでも豊臣秀吉が北条家を倒すためにこの山の上に一夜にして見せかけのお城を造ったという(実際はもっとかかったらしい)一夜城の城跡の山だというので行ってみました。

              場所は、小田急線小田原でJRに乗り換え一駅の早川駅から徒歩40分、お散歩というよりちょっと軽いハイキングでした。石垣山の標高は260m、早川駅はすぐ近くに小田原漁港のある海抜6m、距離は2キロちょっとでした。昨日は小春日和、ミカン畑の中の坂道を上がりながら汗ばむほどの暖かさでした。

              道路を挟んで、左側が駐車場、右側には一夜城公園とあったので、そのまま右の大きなクスノキが茂る道を少し上がると本丸跡でした。少し上がっただけで風が涼しく感じられ、眼下に広がる小田原の街と相模湾、遠く三浦半島や房総半島など、すばらしい景色でした。良く見ると今は修復中の小田原城も見えました。

                  一夜城 一夜城 一夜城

              左は、豊臣秀吉の石垣山に参陣した武将たちについて説明のプレートがある場所を示しています。その武将の中には千利休もいました。真ん中は本丸跡、右は本丸跡から下に二の丸跡を見ています。

              お腹もすいてきたので下ると、駐車場付近が人でにぎわっています。良く見るとなんだか見たことがあるような建物が、あ、一夜城ファームってここなんだと気がつき行ってみました。名前からきっと近くなんだろうと思っていたのですが、こんなにすぐ隣にあるとは思っていなかったのでラッキー、Yoroizuka Farmのケーキとお茶にすることにしました。

              生前川島なお美さんがとても嬉しそうにここをテレビで紹介していましたね。お店の中はパンやケーキを買い求める人で大変、やっとケーキと紅茶を外のテーブルでいただくことができました。すぐ傍で鎧塚さんがカメラを向けられ、何やら話をしていました。あまりお邪魔しない程度に写真を撮らせてもらったのが下の写真です。(ご本人の許可を得てないので、かってに載せてすみません)

                   yoroizukasan yoroizukasan yoroizukasan

              ランチやディナーは予約しないとダメみたいです。土曜日はさすがに混んでいたので、平日の静かな日にまた行ってみたいと思います。今度は車で。JR早川駅から小田原漁港は目の前、魚市場食堂の新鮮なお刺身定食もおいしいですよ。

              あ、ケーキのお味ですか、とってもおいしかったですよ。甘過ぎずちょうど良いのです。紅茶はとても香り深い美味しいお茶でした。
              家の近くにあるリリエンベルグのケーキに勝るかと言うと...好きずきなのかな?っていう感じです。やっぱりまた行ってみなくちゃ! 

                   yoroizukafarm yoroizukafarm  yoroizukafarm


                   花 yoroizukafarm yoroizukafarm


                   景色 yoroizukafarm 小田原城






               
              | puffpuff | - | 18:58 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              尾瀬ヶ原を歩いてきました
              0

                以前鳩待峠に行ったのは、初めて至仏山に登った時、もう10年くらい前になるかも知れません。その時は戸倉でシャトルバスに乗り換えて峠まで行きました。今回は戸倉の駐車場ががら空き、もしかしたら峠の駐車場は大丈夫かも?と、あちこちにある「鳩待峠満車」の看板を無視して行ってみました。付近のすばらしい紅葉を見ながら峠に到着すると、小屋の方が出て来られて、なんとか車を止めさせてもらうことができました。普通車で一日¥2500はちょっとお高いなーなんて思いましたが仕方ありませんね。

                峠付近は薄らと雪化粧していましたので、あーまた侮っていたと後悔しましたが後の祭り。この時期の山では何があるかわかりませんね。いつもそう思っているのに、今回は尾瀬ヶ原を歩こうと思っていたので、山登りという感覚にかけていたみたいです。

                初めての尾瀬ヶ原は本当に殆ど誰もいませんでした。木道で会ったのは3人のグループと男性1人だけ。なのでマイペースで(と言ってもかなりの早足で)だだっ広い景色を堪能しながら歩くことができました。峠からはアヤメ平を目指して緩やかな登りでしたが、突然樹林帯を抜けると広い広い草原に出ました。そこが横田代という湿原だそうです。そこからはずっとまるで空中散歩でした。

                HP「稜線漫歩」にページを作りましたので、良かったらご覧くださいね。
                このブログはHP稜線漫歩の管理人puffpuffが書いています。HPにもお立ち寄りくださいませ。


                私事ですが、先日大好きな八ヶ岳の近くに小さな中古別荘を買いました。山が大好きな私は、残りの人生は山の近くで、できれば森の中に住みたいとずっと思っていたので、やっと念願が叶いました。これから雪に閉ざされるので、冬を越して来年の春になるのを楽しみにしています。霧ヶ峰や美ヶ原をワンコたちを連れてお散歩できそうです。八ヶ岳へはどこも日帰りで行けそうですし、今までのように前夜に出て車中泊しなくてもよくなるので嬉しいです。HPやこのブログを見てくださっている山の友の方たちにも是非いらしていただいて山のこと一緒に語ることができたらいいなーなんて思っています。






                 
                | puffpuff | - | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                谷川岳紅葉
                0
                  JUGEMテーマ:登山

                  先週の金曜日、久しぶりに群馬の山に行ってきました。結婚記念日もあって群馬の老神温泉にお宿を取ってありました。翌日は尾瀬ケ原を歩く予定だったので、前日の金曜日は谷川岳に紅葉を見に立ち寄ることにしました。常緑樹ではなく落葉樹が多い谷川岳周辺は、以前に夏に登って、秋はさぞかし綺麗だろうと想像していたからです。

                  駐車場に着いたのが既に2時前、一の倉沢までは1時間の林道歩きと聞いていたので、往復2時間には充分時間がありました。太陽が低く、もうすぐ山の反対側に隠れようとしていましたので、歩き始めてすぐに日の光があたらない林道でした。それでもやはり想像していた通り、すばらしい紅葉、というより黄葉でした。ブナなどの大木の葉っぱは殆ど落ちてしまってましたが、天に向かってニョキニョキと曲がりくねって伸びる枝の一つ一つが綺麗でした。

                  一の倉沢は、以前に白毛門の山頂から望んだ通りの絶壁が屏風のようにそこにありました。上の方はガスで見えないのが残念でしたが、帰りの林道歩きでまた紅葉を楽しむことができて嬉しかったです。関越道水上インターから沼田インターへ、そこからは一本道で老神温泉でした。泊ったお宿は「仙郷」という部屋数の少ない静かな宿、久しぶりに贅沢な食事と温泉と一晩を過ごすことができました。山小屋ばかりに泊っていたことに比べると、何もかも雲泥の差、たまにはこんな贅沢もいいものですね。タマだからいいのかな、なんて思いながら翌日の尾瀬を楽しみに床につきました。

                  谷川岳紅葉の写真です。翌日の尾瀬の写真は稜線漫歩にページを作りますので、良かったらまたいらしてくださいませ。


                  紅葉  紅葉  紅葉

                  紅葉  紅葉  紅葉

                  紅葉  紅葉  紅葉


                  このブログ「ちんぐるま」はHP「稜線漫歩」管理人puffpuffが書いています。
                  近い内に尾瀬のページ作りましたらHP稜線漫歩へもお立ち寄りくださいませ。




                   
                  | puffpuff | - | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  美ヶ原
                  0
                    JUGEMテーマ:登山

                    もう何年も前の、山歩きを始めたころの厳冬期に美ヶ原に写真を撮りに行ったことがあります。お気に入りの写真を何枚かHPの冬のページの一つに作っていたのですが、今は消してしまってページはありません。なのでPCにしまっていた画像をトップページの画像にしてみました。これから3000mの高山に冬がやってくると一年で一番美しい北アルプスの山並みを見ることができます。今年は真冬の美ヶ原にまた写真を撮りに行こうと目論んでいます。朝日に輝く真っ白な山々の本当に綺麗なこと、どこまでも広い美ヶ原の雪原も美しいけれど、雲のベールに浮かぶ雪を抱いた山々は神々しいくらい、とてもとても美しいのです。

                    それと、できれは美ヶ原から星空を眺めてみたい。体が凍ってしまうくらい夜の2000m上空は寒いかもしれないけれど、ダイヤモンドを散りばめたような宇宙を眺めてみたい、なんて今から楽しみです。先日北アルプスの山々に初冠雪があったとか、富士山も薄らと雪化粧をしたようです。今は紅葉の時季ですが、心はもう冬の美ヶ原に飛んでしまっているので、トップページの画像を変えてみました。

                    冬の抜けるような深い青色の空や、眩いほどの雪原、風の音も消してしまうほどの静寂、動物たちの足跡、雪山にも魅力がいっぱいです。低山の日溜まり登山も楽しいけれど、ちょっとだけ標高が高い雪山を歩いてみるのもまた山登りの新しい発見があるかも、と思います。もちろん高山は危険が伴うので、私は冬山は夏に行ったことがあって良ーく知っている山にだけ登ります。

                    画像は槍から穂高連峰です。クリックすると大きな画像にリンクしてあります。


                                                  hotaka


                    今月末には群馬の山を歩こうと思っています。旅館泊のちょっと贅沢な旅です。紅葉にはちょっと遅いかもしれないけれど、静かな山歩きができたらいいな、なんて今から楽しみです。良かったらまたいらしてくださいね。
                    このブログ「ちんぐるま」はHP「稜線漫歩」の管理人puffpuffが書いています。是非HPへもお立ち寄りくださいませ。






                     
                    | puffpuff | - | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    赤岳へ
                    0
                      JUGEMテーマ:登山

                      先週末に登った赤岳のページをHPに作りました。実は私は途中から酸素不足からか気持ち悪くなり中岳との分岐までしか登れませんでした。標高2500を越えた辺りでいつも高山病になるのです。でも一緒に行った山友のHさんが頑張って赤岳に初めて登頂できました! 皆にとって随分と久しぶりの高山で大変な山行となりましたが、やはり旦那さんと山友が山頂に立てて本当に良かったと思います。私はもう数えきれないくらい登頂してますので全然未練はありませんでした。それよりも、頂を目指していたらもっと具合が悪くなるのは必至でしたし、皆に迷惑をかけたら申し訳ないという気持ちの方が大きかったので、途中で引き返して良かったです。

                      ただ、文三郎道が階段だらけになっていたのにはびっくりでした。あんなに階段ばかりが続いたら誰だってちょっとめげます。階段は中岳との分岐まで続きました。分岐の手前は斜面のトラバース道で、確かに危ない道だったかも知れません。冬は特に慎重にならざる終えず恐かったのを覚えています。ここで落ちたら雪の斜面を転がって下まで止まらないだろうなと確信しましたから。

                      この日は登山者がとても多く、今まで八ヶ岳に行った中で一番多いのでは、と思う程で、美濃戸の駐車場はどこも満杯でかろうじて私たちも駐車スペースが既になくなった「やまのこ村」に車の鍵を預けて駐車させてもらいました。登山道も、多くのパーティーが私たちを抜いて行きました。こんなに登山者が多いと、狭いトラバース道などでは事故も起こりやすいので階段も仕方のないことなのかな..? それに多くの人が登山道に踏み後をつけると道が崩れるばかりか、高山植物も荒らされます。多分階段をつけるしかなかったのでしょうね。


                      Akadake  Akadake

                      画像左は、行者小屋から目指す中岳と赤岳との分岐(斜面のでっぱり)、それへ伸びる文三郎道です。
                      右は、やはり行者小屋から横岳の稜線です。

                      HP『稜線漫歩」はこちらです。ホームの"New!赤岳"からリンクしてあります。
                      このブログ「ちんぐるま」は「稜線漫歩」管理人puffpuffが書いています。HPへも是非お立ち寄りくださいね。

                      またいつもご訪問してくださる皆様には本当に感謝しています。今年の夏は私の電子本「ジャンダルム」へのアクセスが多かったみたいです。きっと読んでくださった方たちは奥穂から西穂へ縦走されたことでしょう。とってもとっても羨ましい!!!







                       
                      | puffpuff | - | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE